コミヤ書籍のブログ

タイポグラフィ・ベイシック

タイポグラフィの基礎が学べる教科書
今日、オフィスやデザイン教育の現場では、テクノロジーの進化に対してタイポグラフィの基
礎知識が追いついていないのが現状です。本書は学生から若いデザイナー・企業人に対して、
グラフィックデザインの根幹であるタイポグラフィの必要最小限のエッセンスをコンパクトに
まとめた教科書的な1冊です。著者:高田雄吉

   

            パイインターナショナル 刊   
             内容確認(外部リンク)           
             1,800円+消費税

    ◎ ご注文・お問い合わせは、左記のメールフォームよりお願い致します。

スポンサーサイト
【2018/04/22 22:42】 | 和書のご案内 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

PHOTOGRAPHERS FILE 2018

プロフェッショナル・フォトグラファー338人の仕事、作品を掲載!
月刊コマーシャル・フォトが選んだ広告、エディトリアル、ファッションなどのジャンルで
活躍するフォトグラファーのビジュアルインデックスです。 「PHOTOGRAPHERS FILE
2018」では 338人の最新作を、プロフィール・連絡先とともに掲載。
2分冊となり、さらに情報量アップ。広告制作、雑誌 編集でのスタッフィングに、また今
現在の日本のコマーシャル写真が総覧できる一冊としてご活用下さい。
(コマーシャル・フォト編集部)

  

               玄光社 刊              
              3,200円+消費税

   ◎ ご注文・お問い合わせは、左記のメールフォームよりお願い致します。

【2018/04/22 22:29】 | 和書のご案内 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

アジアンタイポグラフィデザイン

あたらしい表意文字のグラフィック
数千年の歴史を持つアジアの表意文字に、いかにすぐれた書体デザインが可能か探る
グラフィックリファレンス集。台湾、香港、中国、日本、韓国の作品から選りすぐったクオ
リティの高いデザイン100事例以上を、図版とともに紹介。序文、高橋善丸。
サンドゥ・パブリッシング 編

 atyp001

              グラフィック社 刊              
              3,900円+消費税

  ◎ ご注文・お問い合わせは、左記のメールフォームよりお願い致します。


【2018/04/19 01:30】 | 和書のご案内 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

SHAPES

基本の◯△□や多角形・立体図形を使ったグラフィックス満載。
世界で最も革新的なデザイナーは、新しい発想やトレンドをうみだすために幾何学図形を
どのように使っているのか。デザインの基本として図形のアレンジを学ぶ人や、自分のレパ
ートリーに幾何学図形を新たなアプローチとして取り入れようと模索する人にもおすすめの
1冊。

 shap001.jpg

          パイインターナショナル 刊   
           内容確認(外部リンク)           
            3,900円+消費税

  ◎ ご注文・お問い合わせは、左記のメールフォームよりお願い致します。

【2018/04/09 12:39】 | 和書のご案内 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

日本タイポグラフィ年鑑2018

海外でも評価の高いタイポグラフィ・デザインの「現在」が分かる!
日本タイポグラフィ協会13名の審査委員によって選び抜かれた作品を400点以上掲載。
タイプフェイス、ロゴタイプ・シンボルマーク、VI、グラフィック、エディトリアル、研究・実験
など10のカテゴリーで、タイポグラフィの最新トレンドが俯瞰できます。
編集:NPO法人日本タイポグラフィ協会

  

           パイインターナショナル 刊   
            内容確認(外部リンク)           
             12,000円+消費税

   ◎ ご注文・お問い合わせは、左記のメールフォームよりお願い致します。

【2018/04/09 12:34】 | 和書のご案内 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
次へ

プロフィール

コミヤ

Author:コミヤ
福岡市を中心に広告・グラフィックデザイン関係の和洋専門書の訪問販売をしています。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する